「まったく、ナンパし過ぎて頭がおかしくなりそうだ。」





横浜 22:45



daiceは毎日同じ場所で同じくらいの時間に横浜の街に向かって歩いて行く。

同じ場所で同じ事をするっていうのに毎回ウイングを務める相方は違う男だった。

今日の相方は小学生時代からの同級生で親友だった。

「daice、俺は1ヶ月前に彼女に振られたんだ。GW に帰ってきたら、ナンパしよう。」

彼はナンパ師ではないが、daiceがナンパをしている事は学生時代から知っていたし、遊びでナンパをした事は何度もあった。
彼はPUAメソッドは知っていた。
さらに前日にもその彼と同じ場所でカラオケ連れ出しとBAR連れ出しを行なっており、パターンは既に把握していた。
実際、某上場企業で社内表彰をされているような男なので、自分を売り込むスキルや、コミュニケーション能力には申し分なかった。

daiceの周りには彼女が出来てナンパを辞めるという男がいると思えば、彼女と別れたからまたナンパしたいという男など、入れ替わりに次々とに集まってくる。

今日はGW の8日目の土曜日の夜だ。
かれこれもう5.6回は街に出ただろうか。
しかし10連休のGW というのに即という結果がまだ出ていなかった。
正直焦りはあったし、10連休が終わりが近づいていくにつれて、自分自身の気持ちが下がってくる。

また仕事が始まってしまう。
でもまだ今はGW だ。

この2つの交差する気持ちを紛らわせるかのようにdaiceは無我夢中でナンパをした。



この日、既に一度24歳の2人組を居酒屋からのカラオケに連れ出し、セパレートグダで負けて放流し、街を歩いていた時だった。

まだ街は死んでおらず、酒の入った人々が楽しそうに歩いている。

前方に飲み終わりのような2人組がゆっくりと歩いていた。

「やぁやぁ、今日はパーティでもしてたのかい?」

daiceは後ろから半歩ほど追い越してから、振り返りながらミリオンダラースマイルを駆使して、声を掛けた。

「パーティではないけど、2人で飲んでたの。」

2人は笑顔で応えてくれた。
反応は良い。

2人は九州出身24歳の幼馴染で、2人で上京し、こっちで暮らしていた。

医療事務子レベル6
フリーター子レベル1

医療事務子は細くて、髪もロングでかわいい。
しかしフリーター子はデブでブスだった。
レベル1をつけるほど。

2人は馴染みのBARに連れ出しが決まった。
今回、時間制限もしていないのにあっさり付いてくるところに精神的な隙間があるようにdaiceは感じていた。
もしかすると即系ではないだろうか。
今までのdaiceの経験を脳内で検索してみても、そのような時間管理にも緩いタイプは自己管理も甘い傾向にあるし、髪の毛もボサボサで肌も少し荒れているところを見ても、生活が荒れているように思えた。
パッと見では清楚系で通しているだろうが、daiceの感覚的には所々に感じるものがあった。







23:00 BAR


4人は各自カクテルを頼み、運ばれてきたグラスを持ち上げて重ねる。

「出会いに乾杯」

この10日間のGW だけで、何人の女達とこの掛け声でグラスを重ねたのか、もはや数えきれなかった。
また今回も同じ話を同じように話していくだけだ。

2人共彼氏はいない。
特にめぼしい男もいない。

「でもさ、彼氏がいない間に何もなかったって事はないだろ?例えば事故とか、まさかゴールド免許?」

「ゴールド免許ではないかな...w」

2人共、付き合ってなくてもヤるという事がわかった。
明日も仕事はない。
この条件で、他の男が抱けて我々に抱けない理由がなかった。

「ダーツでも行こうか」

daiceが提案した。
ダーツのほうが彼女らの反応が良かったし、カラオケでもダーツでもやるべき事は変わらない。

4人はお会計を済ませて再び夜の繁華街に飛び出した。








ダーツバー 24:00

4人を乗せたタクシーは夜の街を颯爽と走り抜けてダーツバーの目の前に停止した。
ダーツバーの中は南国のリゾートをイメージした作りになっており、BGMも常にクラブミュージックがかかっており、気分的にも開放感がある。
作りの半分がダーツであと半分はビリヤードが出来るのだが、終電間際の時間に関わらず人は入っていた。
真ん中にバーカウンターがあり、そこに酒を頼む仕組みだ。

レッドブルウォッカを4つ頼み、乾杯した。

「チーム戦でやろう。負けたチームがテキーラを飲む。いわゆる負けテキだ。」

daiceが提案した。
他のメンバーが了承し、ゲームがスタートした。

最初daiceは4連敗を喫し、4杯連続でテキーラを飲んだ。
このまま負け続けていたらdaiceが酒に飲まれてしまう。

だが、なぜかフリーター子とチームになる事が多く、彼女はやる度にダーツが上達していった。

彼女とのペアが連続で続き、連続で親友と医療事務子にテキーラを飲ませる事が出来た。

場は完璧に盛り上がっていた。

その後daiceはダーツに負けなくなり、医療事務子とペアになった時に「真ん中に当てたらキスしてな」と言い、真ん中のブルに当てた。

そして彼女からのキスを頰にもらった。

医療事務子の彼女は何度もテキーラを飲み泥酔し始めており、その度にフリーター子が「大丈夫、私が必ず連れて帰るから」と言って慰めていた。

まぁそれは当然だろう。
友人の泥酔している女の子をみすみす持ち帰られているのを許可するはずがない。

友人の彼はフリーター子を抱く事は出来ないと言っていた。
それも当然だろう。
一般男性が抱きたくもないレベル1の女を抱くのには相当な覚悟がいるし、抱く必要もないのだから。

daiceは決めた。
彼が医療事務子にセパレート打診して、断られたらdaiceが攻める。
ただ彼のセパレート打診を了承した場合は、daiceがフリーター子(レベル1)を抱こう。


daiceはPUAだ。
即に対してはコミットしなければならない。
それが例え相手がレベル1であろうと、コンビ即が出来るならば。


「そろそろ出ようか」

時計を見た。
4:00を回っていた。

4人はダーツバーの目の前で親友の彼がセパレート打診をした。

「俺は医療子と今から2人で飲み直したいんだけど、どうだい?」


















daiceの明暗も分ける彼女の反応はいかに。




















「えー、でもフリーター子と帰らないと...。」



















(兄さん、あなたの勝ちです。
daiceがフリーター子を抱きます。涙)















「おいおい、フリーター子は俺と飲みに行くんだからそういうのやめてくれる?」


daiceは彼女(フリーター子)と手を繋ぎ、医療事務子と友人にその姿を見せつけた。
フリーター子は満更でもなさそうだった。



「それならいいけど...」
医療事務子は友人に連れられて2人で繁華街の方向に消えていった。



取り残されるdaiceとフリーター子の2人。
「じゃあ私達はどうするー?」
彼女は満面の笑みでdaiceに聞いてくる。



ずっと医療事務子との即をイメージして、ここまでゲームを続けてきた。
そして最期のセパレートも成功した。
あとはお互いホテルに入って即るだけだ。


だが目の前にいるのはレベル1。
体重は90キロくらいあるのではないだろうか。
体だけではなく、顔のレベルも1だった。
何度も彼女を置いて帰ろうかと悩んだ。

でもdaiceが帰るとフリーター子が医療事務子に連絡をして、友人に迷惑を掛けてしまう可能性がある。
daiceはやるしかなかった。



「ここで解散するか、ホテルで寝るかの2択しかないよ。でも俺はキミと一緒にいたい。」

daiceは泣きそうになるのを必死に堪えながら、真剣に彼女の目を見ながら言った。

「えー、絶対に寝るだけだからねぇ?」

彼女は元気に世界一どうでもいい形式グダを言ってきた。

その言葉を軽く受け流して、手を繋いでdaice達はホテルに向かって歩き出した。








ホテル  4:30


彼女はホテルの部屋に入ると、シャワーも浴びる気もなく、歯も磨かずにベッドにヘッドスライディングしていた。


念願の即を出来るチャンスが目の前にある。


もう一度ベッドの彼女を見た。


白く整えられたベッドのシーツの上には大きいアザラシが転がって、こちらを見ていた。



IMG_1931
※画像はイメージです。


daiceは覚悟を決め、彼女の待つベッドに入った。



そして彼女を抱きしめて、キスをした。


うっ、口がくせぇwww
こいつ夜ご飯にニンニク食ってきやがったな。
彼女のキスはニンニクの味がした。

「もっとキスして。」

彼女はやたらとキスを求めてくる。
daiceは吐きそうになるのを堪えながら、そのニンニク臭い口に何度もキスをした。
そして肉の塊のような胸を揉む。
貧乳だった。
「小さくてごめんね。」
彼女は申し訳なさそうに言った。
実際太った男の胸を揉んでいるような気分になった。




大量に飲んだ酒のせいなのか、彼女を性的な対象として反応していないのかわからないが、daiceのフェルナンデスは彼女がいくら刺激を加えても無反応だった。


「全然立たないじゃん、全然立たないじゃん、全然立たないじゃ〜ん。」


彼女は5秒に一度このように叫んでくる。
その声のデカさと急かされる事で逆に萎える。

「ちょっとしばらく何も喋らずにフェラーリしててもらえる?」


彼女の事を考えずに目を瞑って、他の女性の事を必死に想像した。




LIP SLIME
楽園ベイベー feat daice



Yo!!
ハデな化粧 ブタと決闘
即のパッション ペイ アテンション
文句しかない シチュエーション
太い体に貧乳がモチベーション
イチかバチか 豚でも抱いてみませんか?
みんなSay What!!(WHAT!!)
外に出れば ホラ スト高
ニンニクの香りの日で 今Suntan
What's the time? It's SOKU time
だろ 肉にふれて 気持ちがドーン下がる
医療事務子 連れ去ったあの親友に
ボヨンとくる 思い出とベロチュー
贅肉の塊に
ただ身をまかせてみませんか?
みなSay What!!!(WHAT!!)
むきだしの肉の塊はOPPAI
なぜか俺の横にはアザラシ!




















立った!!


5秒でゴムを装着し、彼女にin。


即!!!!


そして、彼女の中に入った瞬間にdaiceのフェルナンデスは元気を無くしていた。

1ピストンで諦めた。


そして彼女に飲み過ぎて立たなかったと伝えて、謝った。


いつのまにか眠りについていたが、7:00に彼女に起こされた。
帰る支度をして、彼女にお礼を伝え、解散した。


daiceは眩しい朝日を浴びながら帰路に着いた。





友人も無事に即れたとの報告を受けた。
友人とも楽しいGW の思い出が出来た。
この日の出来事は一生忘れないだろう。
daiceはナンパ師になった事で、レベルの高い女の子を落とす事も出来るようになってきたが、同時にレベルの低い子も抱く事が出来るようになってしまった。
(こんな事、ナンパ師にならなければ絶対に出来なかっただろうな。)



2019年8即目
2018年12月26日のナンパ再開宣言から10即目

第1章〜昼の女〜


13:00 横浜


銀行員として働く24歳の彼女とのデートは純粋そのものだった。
daiceにしては珍しく昼間に待ち合わせし、横浜みなとみらいの景色の良いテラス席のレストランで観覧車を眺めながらご飯を食べる。
春の陽気な空気を浴びながらメキシコ産のコロナビールを喉に流し込んだ。
彼女と話していても邪念を感じることは一切ないし、daiceも即りたいとも思わない。
ただ話している時間が幸せだった。
彼女の笑顔を見るのが嬉しかった
透明な白い肌に大きな目、顔のすべてのパーツが整っていて、長いスカートのせいで足は見えないがスレンダーだと思う。
彼女はdaiceの好きなタイプだ。
レベル7。

レストランを出て、臨港パークの海沿いを散歩した。
なにやら今日は犬のお祭りをやっているようで、公園内は賑やかだった。
普段、即しか狙っていないdaiceは純粋なデートの仕方を知らない。
それでも積んできた経験、場数だけは嘘をつかないのかもしれない。
ゴールが即ではなく、魅了するという形に変わっただけで、即までの過程をいつもの何倍もゆっくりと時間をかければいいだけだと思った。
終始楽しい幸せな時間を過ごして、横浜駅の改札前で先日誕生日と言っていた彼女にあらかじめ買っておいたハンドクリームの誕生日プレゼントを渡した。
とても喜んでくれたようで、彼女のとびっきり白い肌の頰が赤く染まったように見えた。

「また来週ね。今日はありがとう」

今日は日曜日。
横浜駅の中央改札は今日も多くの人々が通り過ぎていく。
彼女とはまた来週のGW中に会う約束をして解散した。


今回仕事のおかげで横浜に帰る事が出来たが、明日からはいつも通りの日常に戻る。
daiceは彼女と別れ、そのまま東海地方に戻る予定だった。
時刻は15:55。
JR東海道新幹線の博多行きのぞみに乗り込んだ。

そして"別"の彼女にLINEを送る。
「今から帰るから18:11には着けそう。着いたら連絡して。」

「18:00に着いちゃうからまってるね」

daiceは昼間に純粋な彼女とのデートをして、そのまま夜は別の子とアポがあった。
先日名古屋のクラブで番ゲしていた子だが、住んでいる場所が偶然近かったのだ。
そしてLINEのアイコンがとても盛れていて、会ってみたいと思っていた。
今日は日曜日、明日は仕事がある。
長距離移動と一日に2件のアポで口説くのは、正直体力的にもしんどかった。
今日はさらっとご飯食べて、また次回にでも準準即として口説こうと思った。
さて、2度目のアポだ。
daiceは自らの気持ちを奮い立たせた。









第2章〜夜の女〜


18:10 東海地方某駅前


「おまたせ」

駅前のロータリーのベンチに座っていた彼女にdaiceは声を掛けた。
白い肌に真っ赤の分厚い唇、黒髪ロングで、肌色のブラウス、黒いスキニーに白いスニーカーだ。
レベル7。

「白いスニーカー同じだね。」

歩きながら彼女が言った

「完全にペアルックやんw」

二人は駅前の商店街にある和食の居酒屋に入った。
案内された掘り炬燵のカウンターに横並びに座る。
生ビールを2つ貰うとグラスを重ねた。
「二人の出会いに乾杯」
いつもの声掛けを行う。

「ごめん、煙草吸ってもいい?」
daiceは遠慮がちに彼女に聞いた。

「いいよ、私も吸うから。むしろお互いお酒好きで、煙草吸えて、家も近いって私達の相性最高やね」

彼女は相当ヘビースモーカーのようだった。
それにSEXも好きなら、さらに最高だよな
daiceは心の中で呟いた。

彼女の事を少しずつ引き出していく。
昼アポの子と同じ24歳で、介護士をしている。
彼氏は3年くらいいないが、なにやらセフレは何人かいたらしい。
学生時代に京都に一人暮らしをしていたとの事で、その時には羽を伸ばして遊んでいたという。
だが、就職を機会に実家に帰ってきてからはそのような浮いた話はないようだった。

「私かなり遊んでたの。元カレ以外の男と色々あった。18禁よ。」

彼女はなにやら性的な話が好きなようだった。

「ねえ、daiceくんの経験人数は何人?」

彼女からそんな事を聞いてくる。

「覚えてない。きみは?」

「私はね、10人。」

彼女は10人が多いと思っているようだった。
決して多くないと思った。
しつこく聞かれたのでdaiceもだいたいの数字を答えてしまった。

結局彼女と居酒屋での会話の8割が性的な話だった。
胸は好きなのか?とか、どんなシナリオでワンナイトしてしまったのかとか。

「SEXしたいって思う時ある?」

彼女はビールを片手に小悪魔のような目で聞いてきた。

まさかdaiceを誘ってるのか?と思ってしまった。
「あるよ。きみはないの?」

「私はないよ。でも、多少強引に誘われたりするとその気になっちゃう事もあるかな。」

そして胸元のザックリ開いたブラウスからは時折、白い下着の紐がのぞき見える。
真っ赤に染まった分厚い唇もなんだかヤラシく見えてきた。
薄暗い和食居酒屋のカウンターで、美味しい食事と生ビールがあり、横には色気のある女性と男女の性について語り合う。
即るつもりのないdaiceだったが、だんだんと即りたいという気持ちが湧き出てきてしまった。
しかしdaiceも彼女も翌日は朝早くから仕事がある。
時計を見た。
まだ19:30を回ったところだった
今からホテルに向かって、2時間休んでも22時には解散できるだろう。
ただホテルまでは駅から離れている。

ホテルまでの交通手段は?
彼女の帰りの手段は?
今後の時間配分は?
もう一軒挟まなくて大丈夫だろうか?
勝算は何%?
起こりうるグダは?

酒の入った頭でこの先のタイムスケジュールをイメージする。
20:00までに居酒屋を出て、駅前のタクシー乗り場まで手を繋いで歩く、そしてホテルに向かい、さらに帰りは22時頃までにホテルまでタクシーを呼んで彼女を家まで運んで貰う。
イメージできた。これでいこう。
ここまでの思考に至った時間はおそらく3秒ほどだろうか。
PUAは即ると決めたら無駄な行動はしない。
そのまま即までの道を突き進め。


「これ飲んだら行こうか」


彼女の白い肌は若干赤く染まっていた。
「うん、いこ」



居酒屋を出ると春らしい湿気のある生暖かい風に身体を包み込まれる。
田舎の駅前に人はほとんどいない。
2人は手を繋いで駅前のロータリーのタクシーに乗り込んだ。

「少し離れてるけど渋いバーがあるから1時間だけいこう。運転手さん、○○っていうラブホまで。」

彼女はdaiceの言葉に反応しなかった。
確かに聞こえているはずだったが、気付かないふりをしているのだろうか。

タクシーは無事にラブホの駐車場に停まった。
彼女がホテルまでのタクシー代を払ってくれた。
「なんでホテルに来てるの?」
彼女は笑いながら聞いてきた。
「俺ここに住んでるから帰ってきただけ。」
ホテルの部屋は田舎のラブホといった感じでピンクを主体としたベッド、テレビにソファがあるだけの質素な作りだった。
ギラついてみると少しグダが起きた。
「誰にでもこうやって、誘ってヤリまくってるんだ?」
彼女もさすがに緊張しているみたいだった。
くっついてdaiceがリラックスしていると彼女も力みがなくなってきたのがわかった。

綺麗に整えられたベッドの白いシーツに2人で滑り込むのにはそこまで時間はかからなかった。

結局、準即となった。
彼女は服を脱ぐととても綺麗な身体をしていた。
普段daiceは女性とホテルに入り、裸を見ると若干気持ちが萎える事が多い。
一番興奮するのはホテルに誘う瞬間ではないかと思っていたりもする。
ただ彼女に限っては違った。
脱いだ姿を見た後のほうか胸が高鳴った。
ホテルでヤレる事が確定している段階でここまで興奮したのは久しぶりだったし、むしろ初めてかもしれない。
そこからは無我夢中だった。
最後までdaiceは胸の高鳴りが止まる事はなかった。
いつもなら終わった後はもうその女の子に対して魅力を感じなくなる。
彼女は底が知れない。
もっと知りたいと思った。
性格もタイプじゃないし、付き合いたいとか、思ってないし、付き合ったとしても続かないと思う。
でも今、この瞬間は彼女の世界に引き込まれて溺れそうになった。

まだまだ世の中には色んな人がいる。
昼間のアポの彼女は純粋でいい彼女になると思うし、話していて楽しい。
幸せなデートが出来ると思う。

そして夜の彼女は、掴みきれない魅力がある。
彼女にするなら絶対に昼間の子なのに、間違ってるってわかっているのに、気持ちは夜の彼女に惹かれつつある。

どちらかと言えば昼アポの彼女と恋愛をしようとかと思っていたdaiceは、自分の心の変化が興味深かった。



彼女にお礼と別れを告げ、ホテルに呼んだタクシーに彼女を乗せて、daiceは1人で歩いて帰る。
ケータイのLINEを開くと昼アポの彼女から、メッセージが届いていた。




「また飲んでるの?日曜日なのに元気過ぎない?」








違うよ、日曜日だから元気なんだよ。
daiceはそっと呟いた。










 

2019年7即目

あたりが薄暗くなってきた。
昼間まで降っていた雨はdaiceが家から出た時には止んでいた。
傘を持って家を出てきてしまったdaiceは心の中で舌打ちした。


3月下旬。
つい最近まで寒かった空気は生暖かく、街を歩く人々の服装も軽々しく感じる。
daiceは17:47発の急行名古屋行きの列車に乗り込んだ。
今日は土曜日。
街は春を楽しみにしている人々で浮ついているのではないだろうか。
 今日はブログの読者の方と合流し、ナンパをする。

19:00〜7:00まで長時間戦って結果、坊主。
7番ゲ
3連れ出し

ご一緒してくださったユウシさん、ありがとうございました。
会ってみたらめちゃくちゃイケメンで高身長の良い男でした。
何度もユウシさんの余裕感、器の大きさに助けられました。
またこちらに来られた際は是非、ご連絡ください。









4月某日。

仕事終わりにアポ。
翌日は休日だが、出勤することになった。

26歳看護師、ギャル系。
レベル6.5
彼氏持ち。ストリートで番ゲだけした案件。

レストランからのバー。
バーでは黒ヒゲ危機一髪で負けた方がキスゲームを繰り返してキスして遊びながら、泥酔した。
ホテルに誘って、ホテルグダで負け。
翌日仕事だし、粘れなかった。

「また次にしよ?」

「一度断られた女とな二度目はないよ」

「わかった。」



彼女はタクシーで帰っていった。
その後連絡もなかった。













そして3月の結果報告。

3即。

2019年で現在6即。
年間30即するために月2〜3即のペースを目標に頑張っていきます。

↑このページのトップヘ